読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

私たちの体に大切なことは知っているけれど、ミネラルって何なのかしら?

からだ 美容・健康 生活

f:id:hiiragi1111:20161103192347j:plain

最近、行く先々で「ミネラル」という言葉を耳にしました。

ミネラルは、私たちの体のコンディションを良い状態でキープし続ける為に

必要不可欠である栄養素です。

このミネラルという言葉、ここ数年でサプリメントやコスメ、食品など、

様々なジャンルで目に、耳にするようになりました。

幸せのレシピ集内でも私たちの生活の中でも、

すっかりお馴染みの言葉になっております。

このくらい馴染みのある言葉になってしまいますと、

何となく知ったつもりになっている事も多いものです。

今回は私たちの体に必要不可欠な「ミネラル」がどのような栄養素なのか。

この機会に改めて、できるだけ簡単に、さくっとおさらいしてみませんか?

 

ミネラルは5大栄養素の一つです。

5大栄養素とは、私たちの体を作ったり命を維持するために

特に必要だと言われている炭水化物、たんぱく質、ビタミン、脂質、ミネラルを指しています。

 

例えば、この中の炭水化物やたんぱく質、脂質が

体にとって大切なものだということは分かるけれど、

女性は「ダイエットの敵」という視点も少なからずあるのではないでしょうか?

ダイエット中であってもこれらの栄養素は必要です。

だけれども摂取しているだけでは、

にっくきお肉となり体のあちらこちらに付いてしまい、私たちを悩ませます。

このような時!

ミネラルをしっかりと取って体内バランスが取れていれば、

炭水化物やたんぱく質、脂質の代謝の手助けもしてくれるのです。

先日は「こむら返り」はミネラル不足のサインであるというお話もさせていただいたところですね。

味覚のお話もさせていただいたことがあったような気が致します。

体を作り内臓の機能を保ち、命を維持してくれているだけではなく、

このようなことにも奔走してくれておりまして、

私たちの体の中で大活躍中のミネラル軍団なのです。

 

ただ、厄介なのは私たちの体内ではミネラルを作り出すことができないということ。

このお話も何度目かですので、もう知っているという方も多いかと思いますが、

ミネラルは日頃のお食事から摂取しなくてはいけません。

そうしなくてはミネラル軍団の人員は減少し、人手不足となり、

私たちの体の様々な所に異常が出てきます。

 

食材をバランスよく食べさえすれば良いのかと思いきや、

近年では、土壌に含まれているミネラルそのものが減少しているので、

フルーツやお野菜を摂っていても不足しがちになる栄養素です。

また、お手軽な食品を摂る機会が多い方は更にミネラル不足の傾向にあります。

お食事から摂りきれていないと感じる方は、

信頼できるサプリメントなども上手に取り入れると良いのではないでしょうか。

ミネラルは100種類以上あるようですが、

その中でも特に私たちに必要不可欠なミネラルが16種類あり、

これを必須ミネラルと呼んでいます。

必須ミネラルは、体の機能のほとんどに関わっていますので、

あらゆる不調が表れた際には、大元にミネラル不足が潜んでいないか、

食生活を振り返ってみてくださいませ。

 

必須ミネラルと呼ばれているものは、

カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、亜鉛
クロム、鉄、銅、

マンガン、モリブデン、コバルト、ヨウ素、セレン、リン、硫黄、塩素です。

ミネラルを豊富に含む魚貝類、乳製品、ナッツ類、きのこ類などを積極的に取り入れてくださいませ。例えば、お肌の調子がいまひとつ……という時には

海のミネラル成分や大地のミネラル成分が含まれているスキンケアなどをプラスし、

外側からもお肌にアプローチすることもできるようです。

 

ちょっとした無理が重なりますとあらゆる不調を引き起こします。

年齢のせいだと思う前に、「ミネラル補給」をしてみてはいかがでしょう。

これから年末に向けて楽しいことも盛りだくさんですが、

踏ん張らなくてはいけない場面も出てまいります。

少し早めにミネラル補給を始めて、これからの季節を楽しんでまいりましょう。

 

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/