幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

日本でも耳にするようになったイースター、どのようなお祭りなのかご存知ですか?

f:id:hiiragi1111:20160306152246j:plain

次の新月はいつだったかしら?と手帳を開いて

イースターが近いことに気が付いた。

ハロウィンの次はイースターか?と、

大人の事情が絡んでいるにおいがするのは否めないけれど

日本でも少しずつ耳にするようになってきたイースター。

日本人と言うのは様々なことを自国に取り入れて、

オリジナルのものにし、それを思いっきり楽しむことに長けていると感じる。

それを特段良いことだとも、悪いことだとも思ったことはないのだけれど、

海外生活時代に「日本人は何でも楽しむんだね」と

少々皮肉交じりに言われたことを思い出した。

日本人の行動は他国の人に、そのように映ることは多々あるようだった。

 

日本でもイースターという呼び方で広まりつつあるのだけれど、

本来のイースターの意味を考慮して日本語に言い換えると「復活祭」と訳される。

キリスト教圏ではクリスマスに次いで、

と言っても過言ではないくらいとても大切にされているお祭りだ。

実際に私が住んでいたイギリスでは、

クリスマスが終わると徐々に街中がイースターの飾り付けに変わっていった。

イースターとは、イエスキリストが処刑されてから3日後に

復活した(生き返った)ことを祝うお祝いのこと。

一般的に、クリスマスと同じように家族でご馳走を食べて過ごします。

f:id:hiiragi1111:20160306152330j:plain

子供が居る家庭では、エッグハントという遊びをします。

カラフルに色付けした卵を庭の至る所に隠し、

その卵を子どもたちが探し当てるという遊びです。

今は卵型のチョコレートが売られていて、チョコレートを使う事が多いです。

f:id:hiiragi1111:20160306152231j:plain

どうして卵?と思われるかと思いますが、

ひよこが卵の殻を破って出てくる様子と、

イエスキリストも死という殻を破って復活したという事を重ね合わせ、

卵を「復活、生命の始まり」のシンボルとしたのだそう。

エッグハント以外にも「復活、生命の始まり」のシンボルである卵料理を食べたり、

ペインティングされた卵の置物などを贈り合ったりして、盛大にお祝いします。

イエスキリストの復活をお祝いするだけはなく、

再び巡ってきた(甦った)春をお祝いする意味もあります。

f:id:hiiragi1111:20160306152809j:plain

f:id:hiiragi1111:20160306153119j:plain

イースターの季節は卵だけではなく、

イースターバニーと言ってウサギモチーフのアイテムを目にする機会も増えます。

これは、古からウサギは多産ゆえ、

春と豊作のシンボルだと言われてきたことが由来しています。

日本でイースターが定着するのだとしたら、

春をお祝いする意味で定着するのかもしれませんね。

f:id:hiiragi1111:20160306230304j:plain

f:id:hiiragi1111:20160306153028j:plain

このような意味合いをもつイースターですが、

日付は決まっていないのです。

なんでも古の時代に開かれた会議で

イースターは、春分の日以降、最初にくる満月から数えて1番めの日曜日にしよう、

と定められたので、毎年変わります。

ちなみに今年2016年は、3月27日のよう。

f:id:hiiragi1111:20160306153042j:plain

私自身はイースターにあまり馴染みはないので、

特別に何かをするわけではありませんが、

やはり春の訪れを感じられることは幸せだな、と感じています。

そして、海外で見たインテリアグッズとしてのイースターエッグは

素敵なものがたくさんあったな、と当時を懐かしく思い返しているところです。

何かをする予定はなかったけれど、卵料理は食べてみようかしら。

皆さんも巡ってきた春を卵料理で感じてみてはいかがでしょうか。 

画像出典:https://jp.pinterest.com/