読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

ベジブロスでお野菜丸ごといただいてしまいませんか?花粉が飛び交う季節の免疫力アップにもいかがでしょう?

からだ かんたんレシピ たべもの やってみよう 日常 美容・健康

f:id:hiiragi1111:20160329140956j:plain

一日丸ごとお休みだと思うと

もうそれだけで「あぁ~ワタシ、シアワセ」と思ってしまう。

好きな音楽を流しながら、ひと通りの家事と身支度を済ませて時計を見る。

思っていたよりも時間が経っていないというだけで

何だか得した気分になるのだから案外私ってチョロイんだな、

と思ったりしながら過ごす休日の朝。

予定が入っているのは夕方からなので

それまでは勝手気ままに家の中で過ごそうと決めた。

こういう余裕がある時にすることのひとつに「煮込み料理」がある。

と言っても、この日は料理と言う程のものではなく

「ベジブロス」を作っておこうかとキッチンに立った。

 

ベジブロスとは、ベジタブル・ブロス(Vegetable Broth)の略で、

野菜(ベジタブル)ダシ(ブロス)のこと。

f:id:hiiragi1111:20160329141105j:plain

使うのは野菜(野菜くずなどもあれば)と少量のお酒と水のみ、

ととてもシンプルなもの。

この野菜くずを煮出して作るベジブロスには

ファイトケミカルという成分がたっぷり抽出されるのです。

ファイトケミカルは、

抗酸化作用と免疫力を向上させる効果や

細胞が、がんになるのを防いだり、増殖を抑える効果あると言われています。

要するに、体の細胞を若々しくしてくれて、もちろん美肌にも一役かってくれるのです。

そして、このファイトケミカルは、

お野菜の細胞内にあるのですが熱によって細胞の外へ溶けだすので

野菜ジュースよりもベジブロスの方が効率的に摂ることができるのです。

※もちろん、野菜ジュースにはベジブロスからでは取ることが難しい栄養を摂ることができるので、どちらが優れている、劣っているという事ではありません。

※ファイトケミカルについては、また改めて。

 

例えばお野菜の皮やヘタ、芯、種など、

食べずに捨てるような部分にこそ、野菜の栄養が凝縮されています。

分かってはいても、なかなか時間が無いとベジブロスを作る事も大変です。

私も普段は粉末状の「無添加、有機野菜のおだし」のお世話になってばかりなのですが、

気まぐれで、時々こうしてベジブロスを作ります。

と言うのも、体は非常に正直で

どんなに無添加、有機野菜のおだしを使っていても

自分で野菜から摂ったお出汁を使う方が体のリアクションが良いのです。

不思議なものですよね、体って。

嘘が効かないように出来ているんです。

 

このような理由で、お休みの日の午前中に

お鍋に野菜と、きっと使い切れないであろうお野菜も足して、

それがヒタヒタになるくらいのお水を入れて

お酒をほんの少し回し入れて30分程弱火でコトコト煮るのです。

※野菜くずはきれいに汚れを取り除いてくださいね。

灰汁が出ようが気にせずコトコト煮込みながらストレッチをして気ままに過ごしていると

透明だったお水が、黄金色にそまっています。

これを漉したらベジブロスの出来上がりです。

粗熱をとったら冷蔵庫で2~3日はもちますが、

私はお味噌汁に使ったり、カレーやスープ、

パエリア、炊き込みご飯などにも使いますので

すぐに使い切ってしまいます。

 

始まったばかりの私の休日は、

ベジブロスを作って時計を見るも、まだ午前中。

あまりの嬉しさに「(時計、壊れてないよね?)」と携帯を覗くもやはり午前中。

無駄にテンションが上がってしまった私はやはり、チョロイのかもしれない。

皆さんもお時間がありましたら自家製ベジブロスで

お野菜の栄養を丸ごといただいてみませんか?

花粉飛び交う季節はお肌も体も免疫機能が揺らぎがちです。

自然の栄養で今日も健やかに。

 

ちなみに、この日作った私のベジブロスは翌日にミネストローネに変身したのですが、

既にベジブロスでベースが出来ているので

短時間でお野菜の旨みがギュッと詰まったスープができました。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/