読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

ゴールするための目標や計画は変化するもの、変化させていいもの。そう思いませんか?

f:id:hiiragi1111:20160420141344j:plain

私は自分の感じた事や考えたことを複数のツールに書き記すことが多い。

記し散らしているようにも見えるのだけれども、

自分自身では記し分け出来ていると思っていたりする。

この状態を別の状態で例えると、

自分以外の人が散らかった部屋を見たら

何が何処にあるのかわからないけれど、

当の本人には、はっきりとソレがどこに在るのかわかる、

そのようなものに近いのかもしれない。

 

だから時々、書き記した内容を振り返って整理をしたりアップデートしたりする。

そのような作業を気づけば20年ほど繰り返しているのだけれど、

目標や計画というものは、日々変化し、

自分が思い描いていた通りにはならないものだなと、

自分が記してきたものを振り返る度に感じるのです。

 

目指すゴール地点は変わらないけれど、

そこに至るまでの手段や方法、気持ちというものは

当初の計画が無意味に思えてしまうくらい変化します。

ゴールを目指す過程で何かに初めて気が付くこともあるし、

自分が考えていたやり方よりも合うやり方に出会ったり、

様々な刺激を受けて自分の目標自体に変化が起こることもありますし、

自分の考え方が違うということに気づくことだってあります。

 

私は真剣にゴールを目指している時ほど、

ゴールするための当初の目標や計画に執着してしまった経験も過去にはありました。

だけれども、目標や計画をクリアすることが目的なのではなくて

ゴールするための目標や計画なのだから

そこは臨機応変でいいのだろうな、という気がしています。

自分がゴールに向かって足を踏み出すためのものと言いますか……。

 

大人になると経験値も上がって省けることも出てきます。

目標や計画は、姿形をかえてしまうこともあるけれど、

だからと言って無くていいものではなくて、

大切にしたい過程のひとつだな、

と手帳や雑記帳などを覗き込んで思うのでした。

 

やってみなければ、自分がどう感じるのかも

何がどう動いていくのかも分からないですし、

世の中、変わらないことの方が少ないわけで。

ゴールを目指しているのに思うようにいかず違和感を感じたときには、

自分がゴールへ向かうための目標や計画にトライしているのか、

ゴールではなく目標や計画通りにすすめる事自体に意識を持っていかれすぎていないか、

立ち止まって観察してみると、

何かしら見えてくることもあるのかもしれません。

どんな時も、しなやかな心でいたいものです。

 

と、そのような事を思いながら直筆の言葉を眺めていたのですけれど、

「ハイヒールは時にりんごの芯」

この言葉の意味も、記した時の自分の感情さえも思い出せず、

自分のことが分からなくなりかけている今日この頃でございます。

今日も充実した1日になりますように。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/

◆みんなが笑顔で過ごせるように、自分にできることを考えてみませんか。