幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

10歳までのスペシャルな機会。

普段フラワーショップで手に取る花は、存在感があるものがほとんどだ。 きっと、無意識に「せっかくフラワーショップで買うのだから」という気持ちが働いていたのだろうと思う。 しかしその日は珍しく、草花のようなものばかりに目が留まっていた。 それなら…

糸に刻まれている結びつき。

ワンピースの裾からひょろりと糸くずが垂れていた。 逃がすまいと意気込んで糸の端を指先で摘まんで引き上げると、マジシャンが世界中の国旗を取り出すときのように、するするするっと裾上げを縫い留めていた糸が、胸元近くまで抜けてしまった。 縫い留めて…

ルバーブのジャム越しに見る洋菓子店の最後。

町の洋菓子店が閉店する。 生まれ育った町に住んでいるわけではないため、子どもの頃から慣れ親しんだ洋菓子店ではないのだけれど、 時々利用させていただいていた洋菓子店だったこともあり、ほんの少しだけ淋しいという気持ちが湧いた。 どのようなことも続…

夏特有のムシムシ感から見る頑張り。

えっ、ムシムシッとする。 先日、寝ぼけまなこでベッドルームからリビングへ移動して真っ先に感じたことである。 来たな、来たな、来たな、夏―。 あまりの湿度の高さに声を出す気力を削がれ、全ての言葉はテロップという形で脳内に流れた。 窓を開け放ち、除…

茹で上がってしまわぬように過ごしたい。

今年に入り、幾度かお世話になったまま、お手入れを先延ばしにしていたレインブーツをせっせと洗った。 あとはパンプスタイプがあれば冬まで安泰だろうという算段である。 ついでにパンプスやサンダルにも軽くお手入れを施し、ズボラ柊希の必須アイテムであ…

サービスエリアとトイレの神様と。

サービスエリアに立ち寄った。 改装したばかりなのか、サービスエリアそのものが新しくできたばかりなのかは分からなかったけれど、そこは昔ながらのそれと言うよりは、洒落た雰囲気をまとっていた。 その雰囲気に煽られた私は、置いてある商品への期待値を…

この機会に、トリートメントとコンディショナーの得意分野を再確認してみませんか。

魔法の手の力を借りようとヘアサロンへ行った。 私の手に負えなくなった部分と、ちょっとした希望を伝えるだけで思い通りのヘアスタイルを作り出してもらえることに改めて感動した。 そう気持ちが動いてしまったものだから、それをそのまま伝えると「何年の…

恩師との思い出と古くて新しい座り方。

時折見返すもののひとつに、今は亡き書道の恩師からいただいた筆文字のお手本帖なるものがある。 学生の頃にいただいたものなので、色褪せも劣化も激しいのだけれど、自分で書く手書きの文字が崩れてきたように感じたときに、 そのお手本帖をパラパラと眺め…

ヘソクリから思う向き不向き。

ひょんなことから知人とヘソクリの話になった。 ヘソクリとは、皆さんご存知の人に秘密にしてこっそりと貯めたお金のことである。 ヘソクリの隠し場所に関しては、自宅に秘密の場所を設けている人もいるけれど、銀行に秘密口座を設ける人もいたりして、ヘソ…

凛々しさの裏にあった失敗を次に活かす力。

7月17日辺りから、七十二候は「鷹乃学習 (たかすなわちわざをならう/たかすなわちがくしゅうす)」という期間に入る。 どのような時季なのかと言うと、この文字の並びから想像できるとおり、今年生まれたばかりの幼い鷹が、飛ぶことや獲物の狩り方など生き…

目覚めのおはなし数珠繋ぎ。

朝起きて窓を開けたとき、そこにいつもの景色が無かったら、人はどのようなリアクションを取るのだろうか。 友人から送られてきたリスの動画を観て思った。 その動画というのは、冬眠中のリスがうっかり目覚めてしまい、地上に出てきたところを収めたものだ…

水太りのストレスから解放されて、ゴクゴクと喉を鳴らしながら美味しい水分補給を。

ひと月ほど前だったでしょうか。 知人とのやり取りの中で、こまめに水分を補給するようになったけれど、水太りしてしまうのがネックだという話を耳にしたのです。 命に関わるという認識があるため、水太りすることは仕方がないと諦めて水分摂取をしていると…

夏のビタミンカラーを見て思うこと。

インテリア雑貨を多く扱っているショップをふらりのぞいた。 何か欲しているものがあったわけではないのだけれど、このような空間は目の保養になったり、素敵だと感じるけれど、自宅をそのように変えようとは思わない雰囲気のものを目にすることで受ける刺激…

言葉も牙を抜かれることがある。 

今日はストレッチをする元気が残っていないからサボってしまえ……。 そう思いながら体を、リビングのソファーに雪崩れ込むようにして委ねた。 私の体を受け止めたときのボワンッという音と、ソファーの少しヒンヤリとする感覚が妙に心地よくて、しばらくゴロ…

でっちあげられた物語。

今年は梅雨らしい梅雨が来ないまま梅雨が明けてしまうのではないだろうか。 なかなか降らぬ雨にそのようなことを思いながら紫陽花を眺めた日もあったけれど、振り返れば、今年もしっかりと梅雨と呼ぶに足る雨が降った。 こうしてしっかりと帳尻を合わせてく…

ダイエットからアンチエイジングまでを欲張ることができる乗り物。

「自転車でも買おうかな」と頭に浮かんだ。 私の日常に自転車がなくて困るようなことは何もなく、気まぐれ以外の何ものでもないのだけれど、どうして急にそのようなことが思い浮かんだのだろうと思い、ここ数日の日常を振り返った。 これと言った出来事や出…

宝探しへのリベンジデー。

思いもよらぬタイミングでその時はやってきた。 先日触れたソリレスの話題。 あれから、そう時間が経たぬうちに丸鶏のローストを食す機会が訪れ、お宝ソリレスを探す絶好のチャンスを得たのである。 ソリレスをおさらいすると、ソリレスは、鶏の股関節近くと…

そちらの「ひまわり」でしたか!!

フラワーショップの前を通ると、ガーデンバケツに入れられた向日葵が目をひいた。 体感温度や装いからも感じることができる夏だけれど、この花を見なくては夏は始まらないと思っている私が居る。 向日葵は、太陽の方を向くことでも知られている花だけれど、…

本物の一途さには、程よい軽やかさが含まれているのかもしれない。

ポツリとできた休日を利用して、少し離れた場所まで足を延ばしてみることにした。 目的を持たずに散策するのも楽しいのだけれど、この日は、以前から気になっていたお寿司屋さんを目指すという目的を設定し出かけた。 もちろん、食べてばかりでは色々と気に…

眠る前に、カラダのお休みスイッチを押してみませんか。

その日、ボディーメンテナンスを受けながら夢心地でいると、寝苦しい夜もあるけれど最近の寝付きはどう?と尋ねられたのです。 ぼんやりとした状態のまま、悪くはないけれど、眠る直前までブルーライトを浴びているからか、良いとも言い切れないといった内容…

二度見した掲示板と夏の音色。

人は予想外のものを目にしたとき、二度見、三度見をすると言うけれど、本当だと思った。 10日程前だったと思うのだけれど、道すがら、昔ながらの掲示板が目に入った。 様々な地域情報もスマートフォンひとつで手に入るようになったけれど、手書きのお知ら…

“いつもどおり”ではない時間に出会ったもの。

自宅近くで夏祭りの準備が始まっていた。 辺りには、遠足や学園祭前のような非日常的高揚感が漂っており、胸の内側が、その空気につられて弾むような気がした。 お祭りの本番には行くことができないだろうと思い、辺りを少しだけ散策し、準備風景から夏祭り…

「骨ホロリ」の心配ご無用、お酢のチカラ。

その日も窓を、何度、開け閉めしただろう。 エアコンのスイッチを、何度入れたり切ったり、冷房にしたり除湿モードに切り替えたりしただろう。 こんなことをしているから夏が苦手になるのだろうと、自分を分析してみたりもするのだけれど、もうこればかりは…

夏のサインと氷で淹れるお茶のおはなし。

今年も色香を纏ったようなクチナシの花の香りに、胸の奥をぎゅっと掴まれる季節がやってきた。 クチナシの花は、春の沈丁花、秋の金木犀と肩を並べて日本の三大香木と言われており、夏を告げる花でもある。 こうして辺りを見渡してみると、至る所に夏の知ら…

どうか、どうかお手柔らかにと思ふ小暑。

7月7日の本日は七夕であり、小暑(しょうしょ)である。 小暑(しょうしょ)とは、本格的な夏に突入する頃のことを表す言葉で、梅雨が明けるサインでもある。 梅雨明けサインと言えば、5月辺りから目にするようになった立葵(タチアオイ)と言う植物を思い浮か…

略奪を狙うツバメに目を光らせる見守り隊、ここにあり。

細道を抜けて大通りに出ようと思い、普段あまり使わない道へ入った。 すると、細道へ入ってすぐのところに数人の、ご年配女性たちの姿があった。 特段気にすることもせず、女性たちの背後を通り過ぎようとしたところ、付近一帯へ視線を向けていた1人の女性…

梅雨の残り香を、色褪せていく紫陽花と共に味わい納め。

この時季になると、学生の頃に友人が言い放った言葉を思い出すことがある。 それは、「夏ってさ、どさくさに紛れてやってくるから嫌なんだよねぇ」というもの。 本当にその通りだと思って大きく賛同し、上手いこと言うなと感心したのだ。 確か、鎌倉にある紫…

新事実を見聞きするその日まで。

学校の制服を取り扱っている制服販売店のショウウィンドウに飾られていた制服が、いつの間にか夏物に衣替えしていることに気が付いた。 制服の着用が義務付けられていた頃は私服で過ごすことに憧れ、私服で過ごすことが当たり前になると制服の以外な良さに気…

ちょっとしたハプニングとナンチャッテを楽しむ夜。

キッチンに立ち、ニンニクと生姜を効かせたお醤油ベースの調味液を作り、鶏のもも肉を取り出そうと冷蔵庫を開けた。 求めていたものは、もも肉だ。 しかし生憎、我が家の冷蔵庫内に鶏のもも肉は不在であった。 どうして調理開始前に確認しないのだろうかと毎…

不思議の国への扉の奥で出会った世界。

『不思議の国のアリス』をモチーフにして作られたボックスを持っている。 これをいただいたのは7年前、いやもっと経っているだろうか。 年に1度か2度、その箱を開けたり閉めたりしながら眺めて一息つくのが、ささやかな楽しみのひとつである。 本当は、い…